コンシーラーというと、濃いシミやニキビ跡などファンデーションではカバーしきれないピンポイントの肌トラブルを隠すアイテムのイメージがありますが、範囲が広いひげを隠すのにも効果的です。ただし、コンシーラーには固形タイプや液状タイプなどの種類があり、それぞれにカバー力や仕上がり状態が異なるので、使用目的に合わせたものを選びましょう。

コンシーラーの選び方は?

鼻の下、口周りの黒ずみやポツポツをカバーするのに使う場合は、まず範囲が広いので固形タイプは向いていません。固形タイプはカバー力に優れていますし、密着度も高いのですが、油分が少ないので伸びが悪く厚塗りになってしまいます。

口元に固形タイプのコンシーラーを使うと、厚みが出てしまう分肌のトーンが暗くなって逆にひげが濃くみえることもあります。ですので、形状はクリームやリキッドなど油分が多くて伸びやすく、肌馴染みが良い液状タイプを選んでください。

次にカラーの選び方ですが、濃い茶色や黒っぽい場合は、肌よりワントーン暗めのオークルがいいですね。明るめのトーンのコンシーラーは逆にひげのダークさを目立たせてしまうので、ひげと肌の色を中和させるカラーを選ぶのが正解です。ひげの青みが薄い方はイエロー系もしくはベージュ系に、青みが強いのであれば、オレンジ系のカラーで色を緩和させるといいですね。少し明るめで肌に馴染むカラーを選ぶと、ひげのトーンをアップさせて目立たなくさせることが出来ます。

コンシーラーは一つ間違えると単なる厚塗りになってしまうので、種類もカラーも慎重に選ぶようにしましょう。

使い方でのポイント

コンシーラーは、使用するファンデーションによって使い方が異なります。リキッドやクリームなど液状のファンデーションを使う場合は、先にファンデーションを使い、その後にコンシーラーを重ねます。液状のファンデーションはコンシーラーより油分が多いので、コンシーラーを先に使ってしまうとファンデーションで緩んで落ちてしまいます。ですので、必ず後に使うようにしてください。

パウダータイプのファンデーションを使うのであれば、先にコンシーラーを塗ってからファンデーションを塗りましょう。コンシーラーを先に使うことでしっかり密着しますし、上からパウダーで押さえることで吸着力が高まり崩れにくくなります。

基本的に、ひげを隠すのであれば液状タイプのファンデーションの方がカバーしやすいので、ファンデーション、コンシーラーの順番で使いましょう。

ファンデーションを塗ったら、コンシーラーを小さめのフェイスブラシに取って手の甲に乗せます。厚塗りにならないように手の甲で量を調節したら、ひげが気になる部分にたたき込むように塗り拡げていきます。

このとき大事なのは、べったりつけないようにすることです。

隠そうとして濃く塗ると、ひげの部分だけが浮いてしまいますから、色味を少しずつ薄めるようにたたき込んでください。塗る範囲はひげより大きめにして、コンシーラーを塗っていない部分と馴染ませて境目が目立たないようにしましょう。コンシーラーはカバー力が高いですから、薄塗りを心がけて不自然にならないようにするのが綺麗に仕上げるポイントです。

黒ずみを隠すメイクのコツは?

鼻の下の黒ずみやポツポツを隠すためのメイクのコツは、なんと言っても念入りにベースを整えることです。ベースがきちんと出来ていないと、コンシーラーもファンデーションも綺麗に乗らないので、重ね塗りをしないとひげが隠せません。

しかし、いくら厚塗りでひげが隠れたとしても、厚塗りの部分が目立ってしまいますし、口元はよく動かす部分ですからヨレてしまいます。そうならないようにするには、とにかくきちんとベースを作ることが重要であり、もっとも大事なポイントと言えるでしょう。

まず当たり前ですが、洗顔をしたらローション、美容液、乳液で肌をしっかり保湿しましょう。保湿を怠ってしまうと、毛穴が開いて皮脂の分泌量が増えたり、肌の乾燥が引き起こされます。

このような状態では、コンシーラーやファンデーションがどんなにカバー力に優れていても効果が発揮できません。ですのでスキンケアは保湿を中心に肌が整った状態を維持できるようにしてください。

次にベースメイクですが、これは肌の色味を統一するアイテムを利用しましょう。色味を整えるには化粧下地でもいいのですが、コントロールカラーをプラスするとより一層色が均等になります。

ベースアイテムを使いすぎると化粧崩れが心配かもしれませんが、ベースを整えることで化粧の持ちがよくなりますし、ナチュラルメイクでもきちんとひげが隠れます。

ただし、どのアイテムも厚塗りにならないように、薄く重ねて塗るのを意識することがひげ隠しメイクの一番のコツになります。

今、鼻の下にある濃いうぶ毛やヒゲを処理するなら

カミソリを使う時の注意点

ヒゲは手軽に処理できますから、カミソリで自己処理をしている方も多いでしょう。しかし、カミソリは肌への刺激が強く、処理方法を間違えてしまうと余計に黒ずみがひどくなってしまうこともあります。

もちろん処理すること自体は悪いことではないので、正しい処理方法で黒ずみを進行させないようにしたいですね。

カミソリでヒゲを自己処理する場合の鉄則は、カミソリが肌を滑りやすい状態にしておくことです。女性の場合だと男性のように太く濃いヒゲではなく、ふわふわしたうぶ毛のようなヒゲなので、洗顔や入浴で顔が湿っているときについでにササッと剃ってしまうかもしれません。

ですが、肌が湿っているだけでは滑りが良い状態とは言えませんから、カミソリの刃が肌に引っかかってしまいます。いくら目に見える傷がついていなくても、毛を剃れる刃を当てているので肌は大きなダメージを受けますし、健康な角質まで剥がすことになります。ダメージを与えたり角質を無理に取ってしまうと、角質肥厚が起こったり乾燥が引き起こされて黒ずみの悪化にもつながるので、面倒でも必ずシェービングジェルやクリームを使いましょう。シェービングジェルなどを使うと角質を守ることができますし、滑りがよくなることでダメージも防げます。

またカミソリで処理をした後は、いつもよりも念いりにローションでケアしてください。いくらシェービングジェルを使っても、ヒゲを剃ると大なり小なりダメージを与えてしまうので、水分をしっかり補給して炎症を防ぐことが処理後の肌を綺麗に仕上げるコツになります。

毛抜きを使う時の注意点


ヒゲの自己処理で毛抜きを使うメリットは、毛根の部分から引き抜くことができるので、処理の回数を減らせることです。どんな方法であっても、ヒゲを処理することでダメージを与えると、肌トラブルのリスクが高くなって黒ずみやすくなります。

ですので処理回数を減らせる毛抜きでの処理は、肌へのダメージを少なくできるのがメリットと言えます。ただし、一度でも抜いたことがあれば分かるように、毛抜きを使った処理はかなり痛みが伴います。痛みが強いということは、それだけ肌へのダメージが大きいので、例え回数が少ないとしても処理するときには注意が必要です。

毛抜き使用時の注意点は、肌をしっかり押さえること、毛の流れに沿って引き抜くことです。肌をきちんと押さえていないと、毛根が抜けるときに皮膚が強く引っ張られてしまうので大きな負担をかけてしまいます。

また、毛の流れに逆らうと抜けにくくなるため毛穴までダメージを与えてしまい、トラブルの元となります。ダメージを軽減するには、肌にも毛穴にも負担をかけないことが重要なので、しっかり押さえて処理してください。

もちろん処理後のケアも大切で、どんなに丁寧に抜いても肌や毛穴には軽い炎症が起きていますから、ローションでしっかりうるおいを与えて鎮静してください。うるおいを与えないと毛穴が開いたままになり、雑菌が入って余計なトラブルが起こることもあるので、ローションと乳液できちんとケアしてダメージを軽減させておきましょう。

最新おすすめコンシーラー

( 最終更新日 2019/02/15 )

  1. リキッドBBバー

    • 45日間全額返金保証付き
    • 鼻の下はスポンジを使ったほうが隠れます
    • もし色が合わなくても途中で交換可能(商品到着後8日以内)
    • 黒いのを隠して口元の艶感、血色アップへ
    • いろんなサイトや口コミで調べて最終的に選ぶのはコレ!という意見も
  2.  


  3. エバーピンク サンスクリーンα

       

    • 一つでコンシーラー、ファンデ、下地などいろいろな役割
    • スマホ画面をみることが多い女性に
    • 大気汚染対策
    • 肌色補正をしてくれる下地クリーム

  4.  


  5. 薬用コンシーラー ホワイトニングケア

    • つけているだけでメラニン生成を防ぐコンシーラー
    • 薬用美白成分を配合
    • ミネラル100%、クレンジング不要

男性にはこちらが人気

ルオモマットキープBBクリーム

Amazonでの価格はこちら

Amazonでのレビュー一覧

 

ヒゲ対策を万全に

鼻の下のうぶ毛やヒゲは剃ったり抜いたりしても黒い影のようなくすみや青みが残っている場合は根本的に黒い部分そのものを薄くしたほうが悩みの解決の近道かもしれません。

最近では女性の色素沈着対策のクリームハーバルラビットナチュラルゲルクリームが人気を集めています。口元は敏感な部分でもありますし、目立つ場所ですのでISOマーク取得の国内工場で生産しているという安心感も人気の一つかもしれません。

私が選んだ理由の大きな一つとして”口周りが黒い”という悩みにドンピシャだったということです。気になったので購入しました。

個人的な感想


クリームは箱に入っています。

クリームの外観にはうさぎの可愛い柄が描かれています

クリームは白色ですが肌に塗ると透明になって消えます。ヌルヌルした感じはありませんでした。

口周り以外にも最近気になっている、ひじにも使えるので重宝しています。意外と使えたのが虫刺されの跡でした。朝晩30日間ぐらい塗っているとだんだん肌が明るくなってきまして嬉しいです。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム